ご利用方法

各専門家へ、直接、ご相談・ご連絡いただけます。

相談料や受任した場合の費用については、各専門家が、各々の料金体系を採用しております。
詳しくは、直接お問い合わせください。

どの専門家へ、相談すべき?

相続や遺言など、法律に関すること

  • 弁護士
    裁判・調停・審判などの手続きから、遺言書の作成まで法律に関することは全て対応可能
    特に争いになることが想定される場合などには弁護士に相談・委任するとよいでしょう。
  • 司法書士
    相続に関する多くのことができます。特に、不動産の名義変更は、司法書士の業務です。
    不動産があり、争いがあまり想定されない場合は、司法書士に相談・委任するとよいでしょう
    また、任意後見人や、人によっては身上監護まで引き受けている司法書士もいます。
  • 行政書士
    法務に関する幅広い書面作成などができます。争いになることが想定しづらく、主だった相談・依頼内容が書面作成の場合は、行政書士に相談するといいでしょう。

相続税など税金のこと

  • 税理士
    税理士は税務の代理や納税書類の作成などを行ってくれる人です。節税などに関しては税理士に相談する必要があります。
    また、相続に関する税務について精通しているのは一部の税理士だけだと言われています。税務署は過少申告などの場合、厳しい指摘をしますが、多く税金を納めた場合は、なにも教えてくれません。身近に頼りになる税理士をつくり、いつでも相談できるようにしておくことが重要です。

不動産の金額などマーケットに関すること

  • 宅地建物取引士
    宅地建物取引士は、いわゆる不動産業者です。その中でも国家資格を保有しているのが 宅地建物取引士(宅建士)です。
    宅建士は、不動産に精通しており、価格の相場や、不動産に関する情報を保有しています。
    不動産の購入や売却、賃貸など、不動産は高額な取引になります。信頼できる宅建士がいると高額な不動産取引も安心です

不動産の登記に関すること

  • 司法書士
    司法書士は不動産の登記や会社の登記などの登記業務や、後見業務、相続や遺言、債務整理などを扱う法律家です。
    最近では信託を扱う司法書士も多く、高齢者問題に精通している司法書士も数多くいます。
    また、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所の民事事件を、本人を代理して行う仕事をしています。(弁護士と違い、代理をする場合は金額に制限があります。)

介護に関すること

  • 介護福祉士
    介護福祉士(ケアワーカー)は、介護に関する専門家です。年齢や障害によって、介護が必用な方に対して、スムーズな日常のサポートをします。
    また、その専門知識を基に、介護が必要な方のご家族や、現場で働くヘルパーさんに対する指導なども行います。

弁護士、司法書士、税理士など、専門士業による無料セミナーなどの損をしないための情報をメールマガジンで収集する

SNSで今後も情報を収集する