「相続の手続きを専門家に相談したらあまりに高い、どうしよう」とお考えの方もあるかと思います。本記事では、専門家に依頼しないことを前提に相続の手続きをする方法をまとめていきます。

 

1.遺産相続手続きを自分でやる方法

 

(1)自分で遺産相続の手続き 遺言書の有無の確認を行う

相続手続きをするスタートは、故人の遺言の有無を確認することです。

遺言を残されていれば、遺言相続の相続手続きとなり、民法が定めている相続分のルールなどに優先して遺言どおりの手続きをすることになるためです。

仮に、遺言がないと思っていて、後日、遺言が発見されたというような場合には、相続手続きが間違っていたということで、手続きのやり直しが必要になったり、トラブルの元となったりします。

遺言書は昭和64年1月1日以降に公正証書で作成されているものであれば、公正証書遺言検索システムで調べることができます。

問題は、公証役場を利用していない自筆証書遺言の場合です。これは故人の遺品をすべて探して、有無を確認する必要があります。自筆証書遺言は、例えばノート中に挟まっていたというケースなどもあります。自筆証書遺言がないかどうか、しっかりと探しましょう。

なお、自筆証書遺言が発見できたら、故人の最後の住所地の家庭裁判所で検認の手続きを取る必要がありますのでご注意ください。

 

(2)自分で遺産相続の手続き 相続人の調査を行う

相続人の調査は相続手続きの中でもっとも手間がかかる部分です。

基本的には故人が生まれてから亡くなるまでの戸籍をすべて集めて相続人を調べる必要があります。

戸籍の収集は、遠方の場合には事前に電話で市役所に問合せをして、定額小為替や免許証のコピーなどを返信用封筒と一緒に入れて郵送でやりとりをすることになります。

相続人調査の手続きでは、市区町村の合併や相続人の多さなどで戸籍収集に数ヶ月程度かかるケースもあります。

また、戦火等で消失している場合には、市町村長による「除籍等の謄本を交付することができない」証明書がないと相続登記ができません。

戸籍を収集したら、戸籍の読解にもある程度の労力が必要となります。

戸籍の文字が古いものであると、字が潰れているなどして読めないということはよくあります。また、「分家」や「家督相続」など旧民法の制度の知識がないと、次の戸籍をどこの市役所に請求すればよいかわからないということもあります。さらに、外国籍の戸籍を収集する必要が生じることもあります。

このように、戸籍の収集と読み取りはもっとも手間がかかる手続きですので、コツコツと戸籍を収集し、読み取るという作業を行っていく必要があります。

 

(3)自分で遺産相続の手続き 相続財産を調査する

相続財産の調査も必要です。相続財産の調査については、

・不動産:名寄せ(課税台帳の写し)、納税通知書

・預貯金:通帳、残高証明書

・自動車:車検証

・有価証券:残高証明書

・負債:債務残高証明書

などによって調査します。

相続財産の調査でもっとも注意したい点は、負債のチェックです。

故人がご商売をされていたような場合には、意外な負債があるケースがあります。この負債が預貯金額などと比べて圧倒的に大きい場合には、相続放棄の手続きをスピーディに行わなければなりません。

また、商売を引き継ぐような場合には不動産の抵当権登記の確認も必要です。不動産に根抵当権という権利が設定されている場合には、引き続き根抵当権の枠を取引のために利用するために6ヶ月以内に登記手続きが必要となる場合もあります。

 

(4)自分で遺産相続の手続き 遺産分割協議書の調整をする

遺産分割協議書は、戸籍で確定した相続人の間で、遺産をどのように分けるかの話し合いをまとめた書類です。この遺産分割協議書は相続登記や税務申告など様々な場面で必要になってきます。

遺産分割協議書は、相続人全員の実印と印鑑証明書が必要です。1人でも相続人を欠いて遺産分割をしても、その遺産分割は無効になってしまい、当然遺産分割協議書も無効な書面となってしまいます。

相続人全員で納得して遺産を分ける協議を行い、遺産分割協議書に実印をつく必要があります。なお、遠方にお住まいの方がいる場合には、同じ内容の書類を複数枚作成して、郵送でやり取りをして、相続人ごとに署名押印してもらったものでも、有効です。(昭和35年12月17日民事甲3327号民事局長回答

 

(5)自分で遺産相続の手続き 単純承認・相続放棄・限定承認の選択

単純承認とは、プラスの財産(現金、預金、不動産など)もマイナスの財産(負債、保証人の地位など)もどちらも承継するということです。これは、相続開始から3ヶ月経過で自動的に単純承認となります。

一方で相続放棄は、プラスの財産もマイナスの財産も一切承継しないということです。原則として相続開始を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きが必要です。相続放棄はマイナスの財産が大きい時に利用することが効果的です。

限定承認は、個人の遺産の範囲で負債を負うという手続きです。これも家庭裁判所で行います。限定承認はあまり利用されていませんので、実際には単純承認か相続放棄ということになりますが、遺産の状況によってどちらかを選択し、相続放棄の場合には3ヶ月以内に手続きをします。

 

(6)自分で遺産相続の手続き 相続税を計算する

相続税は少なくとも正味の遺産が3600万円以上ある場合に発生します。

正味の遺産から、基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)を差し引くなどをして税額を計算します。

相続税の計算は極めて複雑ですので、自分でされること極力避けたほうがいいですが、どうしてもご自身でされる場合には税務署との複数回のやり取りが必要不可欠となります。

 

(7)自分で遺産相続の手続き 遺産分割協議書を作成する

上で作成した遺産分割協議書は税金の手続きでも必要となるのでしっかりと保管しておきましょう。

 

(8)自分で遺産相続の手続き 相続登記を行う 不動産や動産の名義変更

不動産がある場合には相続登記をしておく必要があります。

相続登記をする場合には、

・故人の出生から死亡まですべての戸籍(相続関係説明図をつけて原本還付を求めるのが一般的です)

・相続人となる人の現在の戸籍

・新たに名義人となる人の住民票

・遺産分割協議書

・固定資産税評価証明書

・固定資産税評価証明書の4/1000の納税額(登録免許税額)

を添付して、登記申請書を作成して申請をします。

 

(9)自分で遺産相続の手続き 相続税の申告を行う

相続税の申告は相続開始を知った日の翌日から10ヶ月です。この間に遺産分割も整えておく必要があります。遺産に非上場の株式や評価がしにくい不動産などがある場合には、遺産の価格の算定に時間がかかってしまうことがあるので注意が必要です。

 

2.自分で相続手続きを行うときの注意点

 

つい忘れてしまいがちな手続きとして以下の3つを注意しましょう。

 

(1)死亡届は死後7日以内に必ず届ける

死亡届は届出をしないと、火葬の許可が出ませんので、必ず届け出る必要があります。

 

(2)年金や介護保険の停止または解除手続き

資格喪失の手続きをして受給を止めます。比較的簡易な手続きですが、つい忘れてしまいがちになります。

 

(3)住民票や、世帯主の変更を届ける

故人の住民票は除票として別に保管されることとなります。世帯主の変更を届出をしていないと相続登記の際に住民票の変更ができていないと申請ができないなど不便が生じます。

 

3.まとめ

 

自分自身で相続後の手続きをするのは決して不可能ではありません。しかし、かなりの労力と手間が掛かってしまうことは否定できません。

もっとも注意したい点は、「遺産調査で負債がないかの確認をしっかりとすること」と「遺産分割の話し合いを納得ができるようにすること」の2点です。

負債があったまま、3ヶ月を経過してしまうと、原則として単純承認とみなされて、負債も含めて相続をしてしまいます。いわば、「借金が降ってきた」という形になりますので、負債がないかどうかはしっかりと確認することが大切です。

また、遺産分割は全員が納得しないままで書面だけを作成しようとすると、納得がいかない相続人の方がおられると、相続争いのもととなります。

相続人の間では(相続分が違うということはあっても)相続の権利という意味では全員平等です。全員が納得できる形で話し合い、事前の根回しをしっかりとしておかないと、「遺産分割協議書に判を押さない」などという形でトラブルが発生し得ます。

ご自身で相続手続きをされる場合には、この2点には特に注意してください。

 

事例

「専門家に依頼すると高い」「自分でやるには面倒」という理由で、相続手続きを放っておく方が稀にいらっしゃいますが、これは得策ではありません。なぜなら、相続手続きというのは放っておけば放っておいた分だけ時間も手間も費用もかさんでいくものだからです。

 

当職が経験した事例で、不動産の相続手続きが30年間放置されていた事例があります。先代、先々代の時代から放置されていた事例ですが、依頼者は大変責任感の強い方で「子の世代に残さず、自分の世代できれいにしたい。」とご相談を受けました。

当職が相続人を調査したところ、39名にも及ぶ法定相続人の存在が判明しました。依頼者はその一人一人に手紙を書き、一歩ずつ手続きを進めていきました。北海道に住む相続人から手紙の返事が戻って来ないときには、依頼者は東京から北海道まで直接訪ねてお話しをされていました。

 

私も解決に向けてお手伝いしましたが、すべての相続手続きが完了したのは相談を受けてから5年後のことでした。しかもこの事例は、相続財産はお世辞にも多いとは言えないものでした。

 

いつかはやらなくてはならない相続手続き。最も手間もかからず、時間もかからず、費用もかからないのはいつだって今この瞬間です。ご自身で手続きをやるにしても、専門家に依頼するにしても、できるだけ早く取り掛かることが大切です。

投稿者: 木村拓

東京都足立区の司法書士木村拓と申します。 親切かつ迅速をモットーに、わかりやすく丁寧な説明と提案を心がけており、おかげさまで足立区を中心に多くの方々にご相談をいただいております。 「司法書士」と聞くと敷居が高いと感じる方もいらっしゃるでしょうが、 街の法律家として皆様に寄り添う存在でありたいと考えております。 お困りごとがございましたら、どうぞ買い物ついでにお気軽にご相談ください。